アンモニアが安い店♪

すっごい大きく真っ赤なヒレを開くようになります。結果が出るまで20分ほどかかりますが!分かりやすいです。先に他のレビューを参考にすればよかったのかも!と思っていますが!説明書どおり!水槽水で試験管を洗ってから!他の要因が混ざらない様にする為にもピペットで水を吸うのではなく!試験管で水をすくって5mlに調整してから!試薬を記載どおりに入れて!20分ほど水槽周りの片付けや水替えの準備などしてドキドキしながら待ったところ!結果はどうみても0mgと同じカラーで!え!ホントにこんな簡単にわかるの?と!一瞬不安になりましたが!他のレビュアーさんの詳しいご意見を読んでみて!信頼できるということで一安心しています^^わたしは!どちらかというとトラブルが起こらないようにケアをする事にお金を使うスタンスでいた事と!過密飼育の割りには悲惨なトラブルは起こっていなかったので!試薬は今回が初めてだったのですが!よくよく考えれば試薬でのチェックもトラブル回避には有効だなぁ!と気付きました。

コスパがいい!

2017年02月08日 ランキング上位商品↑

アンモニアテトラテスト アンモニア試薬NH3/NH4+(淡水、海水用) 関東当日便

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

以前!メダカは元気なのにヌマエビがバタバタとなくなってしまい!水質が気になり購入。試験薬を入れるケースが四角く使用後洗うのが大変です。今回新規に立ち上げたので念のため購入しました。ただ!25回しか使えないのはちょっと少ないなぁ…と感じます。水槽立ち上げ時はバクテリアができていないので、アンモニアは分解されずに残り、最悪の場合魚が死んでしまいます。初めての試薬ですが!私にはさほど面倒な作業には感じませんでした。今はもっぱらアンモニア・アラートです(どちらが正確なのかは判断できませんが)。測定には20分程と時間が掛かりますが!お魚さんの為に測定しておいた方がいいですよ。今迄は試験紙を使っていましたが!やはり試薬の方がはっきり把握する事が出来るので!購入してよかったです。ベトナムアカヒレが美しい・・・。PHが低ければアンモニアの毒素は低くなるため淡水ではよほどの数値でなければ大丈夫です。結果は◎で一安心。高濃度が検出されてもテトラ類は半年以上立ってもそのまま元気に飼育されてます。20分待たなければならないけど、使いやすく良いです。。使用出来る回数が少ないので、使用をもったいないとおもってしまいますが。立ち上げの状況判断用に購入しました。少々時間がかかりますが、簡単です。簡単で便利です。最初は気付かずに何匹かのめだかさんが☆に・・・。使用感も見やすく!安心して使用できます。他のメーカーのと迷いましたが定番のテトラに決めました。容器にすくう水を2ccちょっとにすれば半分の溶液の使用ですみます。バクテリアができ!安定している水槽ではアンモニア亜硝酸→硝酸と分解されていきます。まず、死にませんし飼い込むことにより本来の赤いヒレの魅力が発揮されます。アンモニアが出たと、水換えしては本末転倒ですので注意です。海水には重宝しました。安心はしましたが^^今後は!ほかの方のご意見を参考に!半量の使用で!水替え後にチェックしてみようと想います。あと比色するのに付属用紙では区別がつけづらいです。室温で20分待つのですが反応はすぐ起きます。付属の容器に5ccの水を取り!1液14滴!2液7滴!3液7滴たらして!20分待つ。。アンモニア濃度が生態に与える影響の文章をよく目にしますが!我が家の水槽は・・・と一度は計測してみたくて!購入しました。テトラテスト 6in1 水質検査試験紙(淡水用)と合わせて使ってます。ソイル水槽なので特に2週間目の頃に活躍しそうです。手順など難しくはないですが、やや手間がかかります。うちでは、綿棒を使って使用後は洗っています。セットのアンモニアが無くなったので購入しました。アンモニア数値は問題なかったのですが!使うことにより水質チェックが出来ますし!安心します。というか、一般的な常識、知識レヴェルで、試験紙などは保管の状態によって結果に誤差が出るのでは、という懸念を感じますので、道理からすればこういったタイプの方が信頼できると想います^^20分待つのは・・・ですが、試験紙より正確なのでしょうから今後も使いたいと思っています。無くなったのでリピです。20分置かなければいけないのですが!試験の仕方も簡単ですし!しっかりと水質を確認できるので良いですよ。立ち上げ時にはまず必要になるのでは?淡水ではほっといても、パイロットにアカヒレなどを入れれば試薬は必要ないかもしれません。試験薬を使ってアンモニア濃度を見るのに使います。正直なところ、どこまで信頼できるか、という点が一番重要だと想います。週に一度検査してます。。つまりアンモニアは一番毒性が強く、危険な数値を示す場合は水換えをしなくてはいけません。最初の試薬液のみ14滴と多く数えるのが面倒、あとは7滴です。化学実験みたいで楽しいです。グッピーメインで初心者向き淡水魚の飼育を始めてから5年程度ですが、こういった検査薬を使うのは初めて、という愚かなオーナーなのですが恥特に落ちているコは居ないものの水の色が茶色く変色しているのがどうにも気になってバクテリアとアカムシ購入の際に、思いついて一緒に購入してみました。あると便利な試薬だと思います。ので、試薬はあくまでも目安として、お魚の状態を良く見ることの方が先である事には変わりは無いです。ソイルからのアンモニアの発生量を確認するために、ビー水槽のリセット時には必要な商品です。精度の方も変わらないと思うのですが・・・。魚に対しての毒性はアンモニア亜硝酸>硝酸の順です。因みに私は検出されなかったので!もぉ当分使わないかと。。